メニュー

お子様のアレルギーについて

当院では、お子様のぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、じんましん、食物アレルギー、アレルギー性結膜炎などを拝見しています。

アレルギーの症状について

こどものアレルギーの症状は、おなかの症状(腹痛・おう吐・げり)、呼吸の症状(くしゃみ・鼻水・鼻づまり、せき・息苦しさ)、ヒフの症状(湿疹、じんましん)、目の症状(なみだ目・かゆみ・目やに)など、とてもいろいろです。
おもにもんだいとなるアレルギーには、食べ物が引き金になる食物アレルギー、ホコリやダニなど吸いこむものが引き金になる気管支喘息などがあります。大きくなってくるとだんだんと良くなっていくことも多いのが、小児アレルギーの特徴です。

食物アレルギーで特に赤ちゃんがアレルギーを起こしやすいのは、卵、牛乳、大豆、小麦です。その他にも、カニ、えび、米、そば、ピーナッツ、キウイなどアレルギーを起こしやすい食べ物はたくさんあります。離乳食としてアレルギーを起こしやすい食べ物の開始をおそくすることは、おすすめされなくなっているのが以前との大きなちがいです。

また、こどもは空気や食べもののとおり道がまだできあがっていなくてよわいのです。そのためにアレルギーをおこしやすいようです。アレルギーの原因がおうちの中にあることも考えられます。

アレルギーの原因をつかまえて、完全にこどものまわりから取りのぞくのはむずかしいことです。アレルギーがうたがわしいというだけで、大切な栄養になっている食べ物をやめてしまうのは好ましくありません。アレルギーの原因をできるだけはっきりさせて、適切な治療を行うことが大切です。

様子がおかしいなど、気になることがございましたら、ご相談ください。まず受診していただき、必要であれば検査をおこないます。なおりにくい時、ご希望がある時には専門の医師がいる適切な病院にご紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME